冷え性の医学的な見解とは?

冷え性

医学は大きく分けると西洋医学と東洋医学に分けられ、それぞれ考え方が異なります。
冷え性について取り上げてみると、西洋医学では「冷え性」と呼び、”症”、つまり病気としては考えられていません。
最近は西洋医学的にも冷え性について再認識されはじめ、専用の診察科もあるようですが、基本的には冷え性自体を治すのではなく、その症状を招いている病気を考えるなどの見解を示しているようです。

 

一方の東洋医学では「冷え症」と表現するもので、西洋医学とは反対に病気として考えています。
手足の冷えなど、不快感が6ヶ月以上続いた場合に冷え症とされ、体内のどこかが不調を起こしていると考えています。
この場合、漢方薬やマッサージ、指圧といった方法で冷え症の回復をはかります。

 

一般的にできるセルフケアとしては、サプリメントを取り入れるのが簡単です。
生活習慣の中で体を冷やす要因を取り除いて、サプリメントを活用してみてはいかがでしょう?