冷え性と低体温は何が違うの?

冷え性

冷え性とよく混合されやすいのが、「低体温」です。似ているようで、実は全く異なるトラブルです。
医学的な視点からしても、冷え性はあまり病気と考えられず、低体温は病的な要素もあります。

 

もっとも低体温は医学的に定義があります。
深部体温(内臓温度)は本来37度ほどありますが、ここが35度以下になっている場合を低体温をしています。
家庭用の体温計は脇の下で測るものが多いですが、内臓より脇の下の方が体温が低いとされています。
低体温は体を濡らしたまま冷たい場所に居るときなどに起こることもあり、病的に起こると意識を失う恐れがあります。
そして、自力では体温があげられなくなり、毛布などで体を温めるなどの処置が必要になります。

 

一方の冷え性は体温は全くといっていいほど関係ありません。
冷え性が関係しているのは、血流です。血液の流れが悪くなってしまうと、毛細血管まで血液が送られなくなるので、とくに手足が冷えてしまいます。
冷え性の人が低体温の場合もありますが、体温が正常な方でも冷え性になります。