ストレスで冷え性になることもある!?

冷え性

冷え性はストレスが影響して起こることもあるのはご存知でしたか?
ここ近年はストレス社会と言われていて、大きなストレスを感じている人が増えています。
仕事の関係、人間関係、ご近所付き合い、家庭内でのストレス...。

 

どのような形でも、過度なストレスは冷え性に限らず、私たちの体に悪影響をもたらします。
もっとも、ストレスを感じたときには自律神経が乱れてしまうので、その結果として血液循環が悪くなり、体が冷えると言われています。
同じようにストレスはホルモンバランスを乱すこともあります。

 

しかし、完全にストレスをシャットアウトすることができません。
受けないようにするのではなく、発散すること、上手く付き合っていくことがポイントになります。

 

ストレスを発散する方法はいろいろとあります。
その原因になっている問題を家族や友人に愚痴るだけでも少しは楽になりますし、最近の方法ならSNSを使う方法もあります。
適度な運動や休息をとることもストレス発散方法です。気持ちよく運動して気持ちよく眠れると体もスッキリ、心も健やかに。

 

また、発散することを意識せずに自分自身が楽しむことも良い効果があります。
趣味に打ち込んだりするのも、気持ちをリフレッシュできます。