決定版!冷え性の改善に効果が期待できるサプリメント

冷え性サプリメントの人気ランキング!冷え性改善の決定版!

女性の2人に1人が冷え性と言われていますが、アナタはいかがですか?
もし今、冷え性に悩んでいるなら、改善することをおすすめします。
放置していても良くなるとは限りませんし、体の冷えは万病の元とも言われています。

 

そこで、当サイトではサプリメントの習慣をおすすめしています。
冷え性の改善に人気のサプリメントをまとめてみました。サプリメントによっては、美容効果にも期待できたり、健康サポートにもなるものがあります。
ライフスタイルや今の悩みに合わせて、ピッタリのサプリメントを見つけてみてください。

 

 

冷え性の改善にはコレ! 人気サプリメントランキング

 

 

冷え性

高麗美人の特徴

高麗美人は、体の”めぐり”を良くするサプリメントです。
ホルモンの悩みやめぐりの悩みにアプローチし、根本から冷え性のトラブルを改善していきます。
すぐに体が温まるものではありませんが、じっくりと効いていくサプリメントです。
そして、めぐりやホルモンバランスを良くすることにより健康や美容にも、良い影響が期待できます。

価格 3,024円
評価 評価5
備考 送料無料
高麗美人の総評

有効成分たっぷりの高麗人参の働きで、体の中からめぐりに働きかけます。
また、年齢からくる更年期や肩こり、生理痛のお悩み、肌のハリのお悩みにも。
とくに女性に多い悩みに嬉しい作用が詰まったサプリメントに仕上がっています。
主成分以外には、EPA含有精製魚油なども加えています。

冷え性やめぐりのトラブル、ホルモンバランスからくるお悩みに高麗美人が選ばれています。

 
 

冷え性

金時しょうが粒の特徴

すぐにでも体をポカポカに温めたい方におすすめのサプリメントです。
体を温める食材としておなじみの生姜ですが、金時生姜は一般的な生姜よりも有用成分が豊富に含まれています。体を温めるジンゲロールという成分が、一般の生姜よりも約4倍も含まれています。
そこに美容成分も配合されて、冷え性や美容に悩む女性を応援。

価格 1,669円
評価 評価4.5
備考 送料無料
金時しょうが粒の総評

土生姜に比べて有用成分が約4倍も多く含んでいる国産の金時生姜を使っています。
畑の養分をしっかり吸収して育つので、一度栽培した畑はやせてしまいます。7年は置かないといけないほど、金時生姜は栄養をぐんぐん吸収して育ちます。
そのため、温め成分でもあるジンゲロールが約4倍も多い特徴があります。
含有量が多いのでしっかりと体の中で作用し、素早くポカポカに。

生姜がベースではありますが、青みかんに多く含まれるヘスペリジンやコショウに含まれるロングペッパーも配合しています。
ヘスペリジンは毛細血管の強化や生活習慣病対策にも良く、ロングペッパーは冷えの改善をはじめ新陳代謝の促進や整腸作用などがあると言われています。

そこに女性に嬉しい美容成分の定番、ヒアルロン酸も配合
保水成分も加わり、体の中から健康と美容のケアを両立することができます。
これだけ良い物が使われていて価格は1袋あたり1,680円とリーズナブル!

 
 

冷え性

くろす美人丸の特徴

玄米黒酢やトウガラシエキス、ショウガエキスなど、体を温めたりめぐりを良くしてくれる素材を数種類も組み合わせています。
さらにアセロラなど、キレイを応援する成分もプラスしています。

価格 1,344円
評価 評価4
備考 送料無料
くろす美人丸の総評

くろす美人丸は1つの素材に特化したサプリメントではなく、複数の素材を組み合わせています。
トウガラシエキスに含まれるカプサイシンは体を温める成分の代表格。
そこに日本でもおなじみのショウガエキスもプラス。ジンゲロールという有用成分が血行を良くして体内から温めてくれます。

豊富なアミノ酸が血液循環にアプローチします。アミノ酸は健康や美容にとっても必要不可欠な成分です。
黒酢サプリメントのジャンルでも人気が高く、冷え性に悩んでいる方はもちろん、健康や美容目的の方にも。

主成分の他に、スーパービタミンEと呼ばれるトコトリエノールやアスタキサンチン、ビタミンCなど”美”を応援する成分も贅沢に加えています。

体を温めたり体のめぐりを良くする成分から、美容に嬉しい成分までぎっしり配合されていて、1ヶ月分の価格が1,344円とリーズナブル!
毎日続けたい方に嬉しい定期コースは、もっとお手頃価格です。
毎月お届けコースまたは3ヶ月ごとお届けコースから選べて、最大25%OFF!

 
 

αGヘスペリジンの特徴

αGヘスペリジンはグリコから販売されているサプリメントです。
約20年もの歳月をかけて開発されており、めぐりを良くする糖転移ヘスペリジンとナノヘスペレチンという2つのめぐり成分を組み合わせています。
体のめぐりを良くすることで体の根本的な冷えの改善をサポート。

価格 1,080円
評価 評価3.5
備考 定期(初回)
αGヘスペリジンの総評

体のめぐりを良くする作用が発揮されることで、さまざまな効果に期待できます。
正常な体温を保つことは健康維持につながります。素早く体に吸収されるαGヘスペリジンは持続性も持ち合わせているので、常に体の健康をサポートできます。
さらに、毛細血管を強化する働きや血圧の抑制、血中コレステロールや中性脂肪の抑制などにも効果が期待され、生活習慣病全般の予防として取り入れるのもおすすめのサプリメントです。

 

 

サプリメントを飲むタイミングは「午前中」がベスト!

冷え性

医薬品と違ってサプリメントは食品に分類されます。
そのため、基本的にはいつ摂取しても問題ありません。1日分の用量は記載されていますが、飲む時間については定められていないものが多いです。
ですが、サプリメントは飲む時間によっても効果が左右されると言われています。
サプリメントによってもベストタイミングが変わりますが、冷え性を改善する目的なら、午前中が理想的なタイミングです。

 

人の体温は1日の中で変化します。もっとも体温が低いのが朝起きた直後です。
ですので、朝起きてからサプリメントを飲むことがすすめられています。
また、合わせて朝食を体を温めるメニューにすると、寒い時期の朝もポカポカと過ごせるようになります。
たとえば、栄養価の高い食材を使ったスープやお味噌汁などを飲む習慣もつけてみましょう。

 

また、利用するサプリメントの摂取量が分けられる場合は、朝と晩の1日2回など数回に分けて飲むと体のポカポカを常にサポートすることができます。
夜は寝る少し前に飲んでおくと、冷えによって睡眠不足になりやすい人も眠りにつきやすくなります。

 

冷え性の改善に良い食材といったら・・・やっぱり「生姜」です!

冷え性

体を温める食材の定番は「生姜」です。日本では昔から伝わっていますが、風邪をひいたときも生姜を食事や飲み物に取り入れると体が温まって、治りやすくなると言われています。

 

これは冷え性にも良い食材です。
生姜の独特の辛みは、ジンゲロールという成分から起こっています。
ジンゲロールは加熱や乾燥させることでショウガオールという成分に変換され、血行を促進して体を温める作用を発揮します。
そのため、生姜は体の中からポカポカに温めたいときに重宝されていて、生姜を用いたサプリメントも販売されています。

 

また、生姜はさまざまな作用があります。
代表的な日本食のお寿司には必ず生姜がついてきますが、これは殺菌作用があるからです。
食中毒対策や魚の生臭さを消すためなどに用いられていて、薬味としても定番です。
近年は海外でも、血行促進や循環機能を高めるとして注目を集めています。

 

冷え性の改善はもとより、免疫力アップやダイエット、アンチエイジング、吐き気や頭痛の緩和、コレステロール値を下げるといった効果にも期待できます。

どのような症状が冷え性?

冷え性

もしかしたら自分も冷え性かも・・・。そう思っても、実際には冷え性の症状がいまいち分からず、決定打がなく対処されていない方も少なくないと思います。
長い時間、寒い外にいたり、寒い所に居ると体温はどんどん失われて、当然ながら体は冷え切ってしまいます。これは誰にでもあることです。
冷え性の人は、暖まった部屋に入っても、なかなか体が温まらない特徴があります。

 

また、体の中心あたりが温まったと感じても手足が冷える症状もあります。末端が冷えることから、末端冷え性と呼ばれています。
逆に、手足が温まっても体の内部に冷えを感じるケースもあります。

 

どちらにしても、冷え性が起こる原因は共通しています。
もっとも、体が冷えるのは、血行が悪いことが原因とされています。

 

血行が悪くなると、血液が上手く循環しなくなるので、末端などの毛細血管などまで血液がまわらなくなり、手足が冷えやすくなります。
血液は心臓から送り出されているので、一番離れた手足が冷えやすいのです。手足を出しているから冷えるのではなく、このように血液循環が関係しています。

冷え性には種類があった!

冷え性

冷え性とひとくちに言っても実は、いくつかの種類に分類されます。
アナタはどのタイプに当てはまるでしょうか?

 

□自律神経失調症型
冷え症は血行不良が根本的な原因です。血液のめぐりが悪いために、体のどこかが冷えてしまいます。

自律神経は、血管の収縮や拡張、血液循環などをコントロールしています。
そのため、自律神経が乱れてしまうと、血液の流れが悪くなり冷え性を招いてしまいます。
さらに自律神経は体温調節機能にも関わっているので、体温調節まで上手くいかなくなることがあります。

 

□ホルモンバランス乱れ型
女性は冷え性が多いと言われていますが、その理由の一つがホルモンバランスです。

女性ホルモンは月経や思春期、更年期、妊娠などによってバランスが変動します。
ホルモン分泌は脳の視床下部がコントロールしていて、ホルモンバランスが乱れることで、血管にも影響するために冷えやすくなると言われています。

 

□鉄欠乏型
冷え性と同じく女性に多い貧血の症状。

貧血にも種類がありますが、鉄欠乏性貧血の方は、冷えやすい傾向にあると言えます。
血液中の鉄分が不足することでヘモグロビンの酸素運搬能力が低下し、全身にエネルギーが生み出せずに冷え性になってしまいます。
貧血の方は、鉄分の補給も心がけましょう。

この他にも、さまざまな影響で冷え性になります。
女性の場合、ホルモンだけでなく筋肉量の問題でも男性より冷えやすい傾向にあります。
とくに運動不足の人は筋肉力が少なくなり、心臓から送り出された血液を送り返す、いわゆるポンプ機能が成立しないために冷えることがあります。この場合、足元はむくみやすくもなります。